ブログトップ

娘との甘い時間

私の娘は小学校5年生。

時々、生意気なことを言うようになりました。

急に大きくなったせいでカラダがだるいのか、以前のように張り切ってお手伝い!みたいな感じでもなくなり、「むむむ~!」と、こちらの感情が逆撫でされることも度々。

そんな時は、寝る前に娘をマッサージするのが一番♪

娘も喜ぶし、何より自分のためにいいみたい。

娘をマッサージするときはいつも、我が家で「3錠のおくすり」と呼んでいる3つ言葉を、心の中でゆっくりと唱えてもらいながら行います。

ゆったりとマッサージしているうちに、娘の表情が柔らかくなり、私の気持ちも穏やかになり、二人の間の愛情がもりもりな感じで一日を締めくくることができます。

これから思春期を迎え、娘の外の世界が広がっていけばいくほど、こんな親子の時間が大切な気がしています。

短い時間でも、濃く親密な時間が持てれば、子どもは安心して、外で自由に羽ばたいてくれるのかなって。
[PR]
by slow-asadasou | 2013-10-17 10:00 | diary